Top > Relative > Caution

縁者/同期キャラ、GM固定のNPCをプレイする上での注意点

特定のキャラにだけ話しかけたり反応したりしない
 大前提として、特定のPCとしか話さないという印象を与えてはいけない。
特定の呼び方をする場合、せりふの後ろに必ず>名前をつけて誰に話しかけているのか明確にする
例:「姉さん」>アネット
など、呼びかける場合は必ずPC名を添えること。
当事者だけに通じる設定を持ち出さない
 セッション中では、極力「例の」「この前の」などで表現されるようなセッション外情報のやり取りをしないこと。
 キャラクターチャットでも、周りが認識を共有できるようにきちんと説明しながら行う。話題に出したい設定はWikiにあらかじめ書いておき、URLを出すなどするとよい。
キャラプレイ上はPCの判断や方針等を他者におもねる形を規制しないが、プレイヤーのレベルではきちんと自分の考えを明らかにし、積極的にプレイに参加する
「兄さんが言うなら」「師匠の頼みでは仕方ありませんね」などの形でのロールプレイ。
プレイヤー宣言や相談部屋での意見交換などはきちんと行うこと。
『お()り』をしない、させない
 原則的にPCは一個の独立した人格や責任を負った存在である。
 上下関係や世話係などの設定は禁止しないが、互いを尊重できているとわかる範囲のものにとどめ、周囲がそれぞれのPCと対等に付き合えるようにする。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-06 (土) 23:37:08 (2991d)