Top > Conference > Official

会議室:145議題まとめ

公式解決分 Edit

キャラクターについて Edit

行為判定 Edit

戦闘時のルール Edit

  • 【スリープ】【ブラインドネス】など、「特定部位に効果を与えたら、全体が影響を受ける」魔法を複数部位の相手にかけるとき
    • 《魔法拡大/数》を使用せず、部位数と同数以上のキャラクターが同ラウンド内でそれぞれの部位に魔法を行使することで効果は得られるか(参照:魔物に関するQ&A>複数の部位)
      • 参照⇒【ブラインドネス】や【スリープ】と同様に《魔法拡大/数》を利用し、部位すべてに魔法を行使する宣言が必要です。
  • 複数の練技や補助動作で使える魔法を複数使う時
    • 魔晶石の処理はどうなる?
       1.1個の錬技や魔法ごとに魔晶石1個使える
       2.錬技や魔法全てを合計して魔晶石1個
      • 参照→Q&A「魔法の行使や練技の使用1回ごとに、それぞれ別の魔晶石が消費できます。」

乱戦 Edit

戦闘特技 Edit

  • 《武器習熟/ガン》などでバレットポーチ、えびらともに装備できるか
    • →アルケミスト・ワークスp85 不可
  • 《双撃》《二刀流》の解釈
    • →《双撃》で複数の対象に命中力判定を行う場合、命中時のペナルティ修正は《両手効き》《二刀流》に準ずるとの回答がQ&Aにあります

魔法 Edit

  • 妖精魔法5レベル【サイレントムーブ】(1p208)
    • ×対象:1体 → ○対象:術者 かも
      • →エラッタに記載【サイレントムーブ】効果説明 文中の「術者」をすべて「対象」に変更
  • 妖精魔法8レベル【エクステンドヒーリング】(2p112)
    • 分類が「魔法生物」「アンデッド」のキャラクターには効果がありません を追加?
      • →アルケミスト・ワークスp172 追加

練技、呪歌、騎芸 Edit

  • 錬技での魔晶石の使用可否
    • →アルケミスト・ワークスp43エンハンサー技能の説明文に「それでもMPが不足する場合には、魔晶石に頼らざるを得ないでしょう」との記載
  • バードと呪歌(2p79)
    • 楽器を持っていなくても呪歌を使用できるか(持ってないとダメなはず)
      • →アルケミスト・ワークスp97 〈フィスタロッサム〉「呪歌を使用するためには、通常、楽器を両手で使用しなければならず」
  • 呪歌「アーリーバード」「アトリビュート」の効果の解釈(ルルブ2p83)
    • 以下のどの解釈になるのか?
        ー歌の範囲内では抵抗の余地なく睡眠不可
        ⊆歌に抵抗すれば睡眠可能
      • →「呪歌の範囲内にいるキャラクターは、呪歌の影響を受けたくない場合、抵抗を試みられます」(ルルブ2p80)
  • 呪歌「アトリビュート」の効果の解釈(ルルブ2p86)
    • 以下のどの解釈になるのか?
        ー歌の範囲内では抵抗の余地なく属性ダメージ強化
        ⊆歌に抵抗すれば、属性ダメージを受けてもダメージは増えない。
         (効果を受けているキャラクターが受ける属性ダメージが強化される)
        呪歌に抵抗すれば、属性ダメージ強化の恩恵を受けない。
         (効果を受けているキャラクターが与える属性ダメージが強化される)
      • →Q&Aにて「ダメージを受ける対象が範囲内にいる場合だけ、効果を発揮します。」とある。
      • →Q&A補足「ダメージの発生源が範囲内であっても、ダメージを受ける対象が範囲外にいる場合は【アトリビュート】の効果を適用しません。逆に、範囲外から行使、使用された魔法や特殊能力でも、範囲内で受ける場合は【アトリビュート】の効果を適用します。」

アイテム Edit

  • ルールブック供p46〜47 名誉アイテム
    • ガンベルト(分類:武器)、魔法使い用のアイテム(分類:一般装備品)のうち非消耗品は、専用化した際装飾品と同じ扱いでいいのではないか。
    • 特殊装備は「一般装備品や装飾品」との記述があるが、「多機能**ベルト」に関してはガンベルト(分類:武器)への適用も認めていいのではないか。
      • →Q&Aのルールブック II アイテムに関するQ&Aに出来ると記載されていました。

武器・防具 Edit

  • カテゴリ<ウォーハンマー>の属性(ルルブ1P236)
    • 「刃のついた武器」か、「打撃武器」か、「どちらでもない」か
      • →アルケミスト・ワークスp79 刃の付いた武器、打撃武器それぞれの耐性を無視できる
  • カテゴリ〈クロスボウ〉の武器
    • 追加ダメージはシューター技能がなくても適用されるか
      • →AWp84「追加ダメージは技能レベルに関わらず固定のものを用います」
  • 素手、尻尾、牙を、オーダーメイド、専用化、魔法の武器化は可能か(ルルブ1P260、ルルブ2P35、45など)
    • →オーダーメイド、銀製、魔法・妖精の武器化は不可とQ&Aに記載されました。専用化については不明です。
  • <格闘>SSランクの武器(3p149)
    • 「ハンズオブグローリー」および「レッグオブオナー」の値段と特殊能力は、片手の場合か両手の場合か
      • →アルケミスト・ワークスに記載、「両腕・両脚ぶんの価格」
    • 「ハンズオブグローリー」および「レッグオブオナー」は《武器の達人》を持ってさえいれば装備可能か
      • →アルケミスト・ワークスに記載、「グラップラー専用」

魔法のアイテム Edit

  • マナリング(2p149)、リーチスタッフ(2p129)等、魔法ダメージを上昇させる装備の扱い
    • 「魔法の発動体としての効果も持つ」とマナリングの説明にあるが、逆に発動体として使わない場合でも効果が適用されるのか。また、ソーサラー/コンジャラー以外の魔法にも効果が適用されるのかどうか。
      • →「つけた者は」「装備している者が(AW)」と両方の説明文にある。
      • →アルケミスト・ワークスp98リーチスタッフ,p128マナリングの説明文で、特にバレット系の魔法に対する適用不可と明記。それ以外の魔動機術に関しては問題なく効果を発揮する?
    • 抵抗半減した場合にダメージを+するタイミング(抵抗前の数値に足すのか、抵抗半減後に足すのか)
      • →抵抗した場合「算出ダメージ」を半減した後に「ダメージを上昇させる効果」を適用(ルルブ1p155-157)
    • 回復にも適用されるか?(例:<リーチスタッフ>(魔法ダメージ+2の効果があるスタッフ)を装備して、アースヒールやキュアウーンズ、ウィスパーヒール(回復量固定値)を使った場合に回復量は+2されるのか?)
    • カテゴリ<ガン>のダメージにも適用されるかどうか
      • →アルケミスト・ワークス 【エンチャント・ウェポン】などや【バレット系】の魔法は対象外
  • 能力増強の指輪
    • 各能力ごとに別のアイテムか(別能力を上げるものを重複したり、同時に壊せるか)
      • →アルケミスト・ワークスp127に「異なる能力値を強化する指輪、腕輪は、それぞれ独立に働きます」と記載
  • アイテム:一角獣の角(2p141)
    • ×分類「魔法生物」「アンデッド」には効果がありません→○分類「魔法生物」には効果がありません かも
      • →アルケミスト・ワークスp119 「魔法生物」「アンデッド」にはこの効果はありません 「アンデッド」は破壊されます(抵抗の目標値17
      • 毒や病気なども達成値17未満のものまで解除となっており、値段も一回の使用回数につき2倍に変更

魔物 Edit

  • ガーゴイル(1p364)などの擬態の見破り方
    • センス・マジック(1p182)などで見破れるとあるが、魔法がかかっているものと判明したとして、魔法の効果の解析まではできないはずのセンス・マジックやマナサーチ(1p210)で、擬態を見破ったものとして魔物知識判定ができるかどうか。
      • →(3p73)真偽判定

その他 Edit

  • 多部位モンスター・騎乗した敵の経験点
    • それぞれの部位を一体と数えて、ML×部位数×10の経験点を出すのか、経験点計算においてはまとめて一体として扱うのか。
      • →ルルブ2p225・複数の部位を持つ魔物の経験点「GMは部位の数だけ同レベルの魔物を倒したと考えて経験点を渡しても構いません」

リンク Edit

SNEサイト内Q&A


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-27 (木) 23:16:45 (2395d)