Top > ヴィクトワール

「・・・僕の目指す高みは、とても高い」

“流水剣の未熟な弟子”ヴィクトワール[Vict] Edit

 田舎剣術の道場に生れ、小さい頃から剣術の修行を積んでおり、
 最近ではルーンフォークの剣士が道場にいてともに切磋琢磨していた。
 ところがある時、村に訪れた冒険者に勝負を申し込んだが惨敗。
 「お前の剣は軽い」と言われ自信を失い、山に篭っているところ、修行中の一人のエルフの剣士に出会う。
 彼女の演武の美しさに惚れ込んだヴィクトは、彼女が柘榴石亭の冒険者であることを知る。
 村を出て自らも冒険者になり、彼女の押しかけ弟子となるため、柘榴石亭の扉を開いた。

 近況:修行に励むも、なかなか上達せず、壁にぶつかっている。やっぱり実戦が大事だよね。

 冒頭の発言は、師匠との最初の模擬戦後の一言。思いっ切り清々しくやられました。

プロフィール Edit

種族・性別・年齢
人間・男・20歳
誕生日
4月13日
身長・体重
ふつーっぽい
髪・瞳・肌の色
黒髪・黒目・普通の肌色
視力
良好
出身
(考え中)
家族構成
父・母・姉
尊敬する人
もちろん師匠

ニックネーム Edit

Vict_G
セッション時など

交友関係 Edit

  • 師匠:「僕の目標。いつか同じ高みへ・・・」
  • ソフラ:「ソフラちゃ・・・、あ、えっと・・・ソフラ様、今度エルフ語教えて下さい」
  • フルール:「同じ道場で切磋琢磨したライバル。僕は負けないよ」

所属 Edit

 特になし

リンク Edit

タイレン

柘榴高:297

二次使用ガイドライン Edit

イラスト Edit

ご自由に使ってください

創作文・まんが Edit

ご自由に使ってください

その他 Edit

ご自由に使ってください


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-06 (月) 16:38:26 (2815d)