Top > アクォール

アクォール・アリネム (Aquall Arinem) Edit

くすんだ黄緑色の髪を肩まで伸ばしている。瞳の色は薄い青。

ロシレッタ出身。
少年時代、親の反対を押し切って剣術道場に入門し、指導を受けた。
フェンサーの戦い方が向いていると何度も言われたにもかかわらず、
力を生かした戦い方を覚えたいとファイターの戦い方にこだわる。
そして努力の結果か、街の剣術大会の少年の部で一度優勝したことがある。
翌年も大会に出場するが、リルドラケンの対戦相手に力で圧倒され、敗退。
それ以来、リルドラケンが苦手。
また、重戦士式に自信を失い、フェンサーっぽく素早さと正確さを生かしたスタイルも模索。
覚えた最初の練技が【ガゼルフット】なのはその時の名残。
現在は自分の剣に両方の良さを取り入れられないかと考えている。
そしてそれを磨くには実戦で剣を振るうのがいいのではないかと思い、冒険者になる。

#13の冒険で、たまたまロシレッタに帰郷し、
自分が武者修行している間に、母が死亡し、2人の姉は自分や父を探す旅に出たことを知る。
親不孝を反省し、剣の道は引き続き歩む一方で、
ばらばらになってしまった家族を探そうとしている。

性格は頑固な所があるが、基本的には良識派。困っている人を見逃せない。
ただ、リルドラケンが相手になると途端に卑屈になったりする。
「私は“大洋剣”アクォール・アリネム。そちらがその気なら相手になるぞ」

プロフィール Edit

種族・性別・年齢
エルフ・男・27
誕生日
6月30日
身長・体重
186cm・74kg
髪・瞳・肌の色
くすんだ黄緑色・薄い青・明るめ
視力
家族構成
父・母・姉A(シーリア)・姉B(オーシャ)

ニックネーム Edit

Aquall_G
セッション時など

交友関係 Edit

特に印象に残った人

ニマート
「駆け出しレベルであの太刀筋は見事としか言いようがない」(全力攻撃クリティカル3回転で46ダメージ)
リューネ
「……(やはりリルドラケンに力の技で勝つのは無理だろうか)」

所属 Edit

  • ここに記入(リンクさせる)

リンク Edit

よしの

柘榴高:289

二次使用ガイドライン Edit

イラスト・まんが Edit

ご自由に使ってください

創作文 Edit

公開前に表現のチェックをさせてください

その他 Edit

公開前に表現のチェックをさせてください

コメント Edit


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-05 (金) 00:28:55 (2755d)