プレイヤーの中途離脱時の経験等の処理

 プレイヤーが事情により、セッション半ばで離脱してしまった場合、GMは以下の基準を参考に報酬・経験を与えてください。

報酬について

問題解決への貢献
 戦闘や警備、交渉、情報収集など、問題解決への尽力をしている場合は、その程度に応じて報酬のうち後金を与えることができます。*1
報酬交渉への参加の有無
 報酬交渉に参加した場合は、前金を与えることができます。
 交渉に参加していても、問題解決に貢献せず、かつ、前金も受け取っていない場合は、報酬をまったく与えなくて構いません。

経験点について

参加の程度
 戦闘、またはそれに準じるクライマックスまで参加したが、事後処理に参加できず離脱した場合は、経験点の8割から満額を与えてください。
 戦闘等に参加しなかった場合は、500点から8割を与えてください。
 戦闘等以外の問題解決を含め、ほとんど参加しなかった場合は、経験点は与えられません。

寝落ちである場合の補足

 上記ガイドラインは、主に、急用や体調の悪化による離脱についてのガイドラインです。

 寝落ちについては、差し迫った事情による離脱とは違い、プレイヤーの努力次第で回避することもできるものです。*2
 また離脱の予告もできず、GMや他のプレイヤーへの負担も大きいことから、それまでの貢献度が低ければ、0ガメル・0点でも仕方ないと言えます。

 月光華亭のハウスルールでは、セッションに参加すれば500点の経験点が保証されていますが、特に寝落ちの場合は0〜500点の間でもよいとします。これは、参加して力を尽くしたがミッションが失敗したという場合とは違うためです。

 なお、救済策として、そのPCがいなくなったことにより、罠発見・戦闘等に支障が生じる場合はNPC化してもよいものとします。*3
 NPC化した状態で死亡した場合、蘇生費用などのペナルティは受けませんが、経験点・報酬も受け取ることができません。


*1 最大で全額
*2 目を覚ますために努力をする、眠い場合は初めから希望を出さない等
*3 情報収集などの場合は、GMが他の手段で代用してください。
トップ   差分 BACKUP リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-08 (土) 00:02:28 (3728d)